SSブログ

三日坊主 迫り来るハトマンダー3世の恐怖~選挙法改悪の歴史研究 [三日坊主]


 三日坊主

【三日坊主】 飽きやすく何事も長続きしないこと。出家して僧になったものの、 修行・戒律が厳しくて3日ももたずに俗世にかえった人のこと

迫り来るハトマンダー3世の恐怖

迫り来るハトマンダー3世の恐怖~選挙法改悪の歴史研究       2009年9月02日
ハトマンダー。
これは漫画の主人公ではありません。怪獣映画のキャラクターでもありません。

◎ゲリマンダー
 1812年美国(アメリカ)、マサチューセッツ州知事エルブリッジ・ゲリーが次の選挙で自分たちが勝てるように好き勝手に選挙区を改定しました。その地図を見た新聞記者が四本足を描き足すと、その図形は山椒魚(英語でサラマンダー)によく似ていました。編集長が叫んだんだそうです。「ゲリマンダーだ!」。このことから、自分たちに有利に選挙区を改定することや身勝手な選挙操作をすることをゲリマンダーというようになりました。

◎床マンダー(床次竹二郎=とこなみ・たけじろう)
 1928年、新党倶楽部の床次は政友会と図って、衆議院議員選挙法改正案を提出しました。これは実現したばかりの中選挙区制を小選挙区制に戻そうという内容で、この企みは民政党や無産政党から「床マンダー」と呼ばれ激しい抵抗を受け失敗しました。

◎ハトマンダー(第3次鳩山一郎内閣)
 1956年、第3次鳩山一郎内閣は、477区中、2人区を20区設けたり飛び地を設けるなど露骨な選挙区割りの小選挙区制を提案し、憲法改悪を図りました。自陣営の自民党からも旧民主党寄りであるとして反対され、衆議院で修正の上可決したものの、参議院で審議未了で廃案に追い込まれました。

◎カクマンダー(第2次田中角栄内閣)
 1973年、第2次田中角栄内閣が提案した小選挙区比例代表並立制は一票制で、直前の選挙で大敗した自民党に極端に有利な制度でした。、狭い選挙区での候補者への投票がそのまま比例区での政党票に配分にされるのでは、比較第一党に利するのは自明の理です。野党の抵抗で、閣議段階で断念に追い込みました。

◎ハトマンダー3世
 2009年第45回衆議院選挙に於いて、民主党はマニュフェストに衆議院比例代表部分の定数(現行180)を80議席減らすことを記載しました。これはただでさえ民意を正確に反映していない小選挙区比例代表並立制の比例的性格をさらに弱める、まさしく多数党に都合の良い身勝手な選挙操作です。政権交代可能な二大政党を醸成するという大義名分があるけれど、腐敗した二大政党が政権を盥回し(たらいまわし)を始めたら、第三第四の政党が一度の選挙で突如として第一党に躍り出る以外、永遠にそのシステムから抜け出すことができなくなります。比較多数に傾斜的に有利な制度では、政治の民主的進歩の道が閉ざされてしまいます。

第45回衆議院選挙がハトマンダー3世で実施されていたら・・・
 そのシュミレーションをしてみました。
 シュミレーションの設定
 ①比例部の総定数を100にする。
 ②総定数をブロック別有権者数に応じてドント式で各ブロックに配分した。
 ③第45回衆議院選挙2009.08.30のブロック別比例選挙区の得票を使用した。
 ④小選挙区部分の得票率・獲得議席はそのままブロック別に集計して使用した。
 ⑤最終結果はピンク色の部分です。
第45回衆議院選挙の結果と比べれば一目瞭然です。
ただでさえ国論の趨勢に比例してないのに、
ますます乖離するばかりです。
hatomandar2009.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます